SHINE!


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
CATEGORIES
クリック募金
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< U-19 インド遠征メンバー | main | 関東クラブユース<2次リーグ> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
vsべガルタ仙台


柏レイソル2−1ベガルタ仙台
(前半1-1・後半1-0)

得点者
前半32分:李忠成(柏)
前半42分:ボルジェス(仙台)
後半44分:ディエゴ(柏)

スタメン(柏のみ)
GK:南雄太
DF:小林亮 鎌田次郎 岡山一成 小林祐三
MF:山根巌 平山智規 谷澤達也 リカルジーニョ
FW:ディエゴ 李忠成

サブ
GK:加藤慎也
DF:石川直樹
MF:石舘靖樹 永井俊太
FW:宇野沢祐次

交代
後半34分:リカルジーニョ⇒宇野沢祐次
後半40分:平山智規⇒石舘靖樹

前回の対戦でも互角の戦いをしたようなのだが、
残念ながら観てはいないので比較は出来ない。
小雨の降る中の平日とは思えないほど、
仙台側は多くのサポーターで埋め尽くされていた。
前節レイソルは2点リードしていながらも、数的不利の鳥栖に引き分けた。
今回はそのようなゲームをしたら確実に負ける。
中2日と過密ではあるが、内容の修正が求められた試合である。

キックオフ・・レイソルが若干有利にゲームを運ぶようにも見えたが、
仙台も劣ってはおらずカウンターをしかけていた。
パス回しが速く、全員が一斉に上がるカウンターは脅威だった。
レイソルはリカルジーニョを中心としてパスを回す。
体のキレが良く技も魅せていた平山がとても印象的だった。
五分五分の試合は前半の32分に動いた。
相手のDFラインでボールを奪った忠成がドリブルでGKをかわし、
落ち着いてややループ気味にゴールを決めた!
レイソル先制は今調子の良い忠成のゴールだった。
しかし前半残り僅かでパス回しから仙台に決められ、
1−1で後半を迎える事となった。

後半も互いに凌ぎあい、攻める。
スコアは動く気配が無さそうに見えたが、
ゲーム終了前に決めたのは前回と同じこの男だった。
ディエゴが放ったシュートはゴール裏からは一瞬確認出来なかったが、
ゴールが決まったと分かった時はスタジアムが歓声に包まれた。
勝ちに行くという意識が生まれたゴールにも思う。
残り数分を守りきり、レイソルは見事勝利した。

五分五分の試合展開の中、最後の最後で確実にゴールを決めたレイソルは最高だった。
高い位置の選手も後ろまで下がって守備をしたり、
後ろの選手も攻撃に参加したりと、
全員で走ってサッカーをしようという意識がゲームの楽しさを増していた。
しかし一方では後半の途中で全体的に足が止まっていた。
その時に仙台が怒涛の攻撃を仕掛けたが、
岡山などのDF陣が体を張って止めてくれたからこそ、
失点が防げたのだろう。
鳥栖戦からのゲーム内容の修正は出来ていた。
この調子で週末は愛媛でのアウェーだが勝って帰って来て欲しい!
| 試合レポ | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:46 | - | - |









http://reysoul.jugem.jp/trackback/103