SHINE!


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
CATEGORIES
クリック募金
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 万能の人 | main | 走る準備 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
僕らは・・
かーなーーり更新があきました。
度々もう聞き飽きたかと思いますが、ごめんなさい!
えーっと、相変わらず低落しきった毎日です。
日常なんてないよ。

まずは、国立の常時展の巻。
東海道五十三次の神奈川と川崎を見てきました(合ってるかな?)
色鮮やかで江戸のものとは思えない!
教科書で見るような浮世絵もありまして、
常時と言えど楽しいですよ☆
ある期間までならダ・ヴォンチの半券で半額なんでぜひ。
300円とかそこらの値段(半額でね)で、これらの作品はお得としかいえない。

続いてはお台場でのグレゴリー・コルベールの
「ashes and snow」です。
コンテナは生で見ると感嘆の声を上げてしまいますよ。
残念だった点を述べさせていただこうと思います。
・空調がなってないので、とにかく暑い
・通路が狭い
・反響でよく聞こえない
・人のマナー悪い

人のマナーはいただけなさ過ぎると思う。
写真見ているのに屈まず目の前を通るし、ぶつかってまで前に進む。
映像を見ているのに途中から来てさほどの距離無く目の前に立つ、
伸びはするし喋りまくるし、しまいに音漏れして音楽を・・

作品は人間と動物の今の世の中では互いが受け入れ合う事は皆無になってしまったけど、
それを寄り添い合うように自然なままに受け入れあった世界だったと思います。
映像も語りかけられるように、そこに言葉がありそうな気までしました。
そんな世界を見上げながら、
人はぶつかり合ったりするよ。
素通りして歩いてもいくし、人の目の前に立とうともする。
譲り合う事はないし、立ち止まりもしない。
なんだか自然の夢のような、ある種の理想の世界だったり
元ある姿だった世界はあるのに、
世の中はただ進んでいく。
そんな今の縮図なんじゃないかと思った。


| 芸術系 | 01:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:21 | - | - |